[重要]遠隔授業の参加に際しての、ルール遵守についてお願い

2020年4月28日

麗澤大学では、2020年度前期授業を(一部集中講義も含め)オンラインの遠隔授業の形式で開始します(ご参考:新型コロナウイルス感染症に関する対応についてのまとめ)。

オンラインでの授業を正常に運営するためには、教員の努力だけではなく、受講する学生の皆さんの協力が不可欠です。授業のセキュリティーを脅かしたり、授業を妨害したり、著作権・プライバシーを侵害したり、授業参加者の授業への集中を妨げたりする行為は厳に慎んでください。特に、以下のような行為は情報倫理に反する行動として、重大な問題を引き起こす可能性があります。大学による処罰を含む厳しい対応をとることになりますので、注意して下さい。

  1. Zoomのオンライン会議のURL、ミーティングIDやパスワードを第三者に公開すること。
  2. 大学が提供するアカウントを他人と共有したり、「なりすまし」をおこなうこと。(麗澤大学コンピュータ・システム利用ガイドラインにて規定済み)
  3. リアルタイム型授業の様子を出席者の許可なく撮影してSNSなどに許可なく公開したり、第三者と共有したりすること。また、担当教員の許可なく、授業の内容を録音・録画し、それを公開すること。
  4. オンライン授業で配布された資料等を、担当教員の許可なく第三者に再配布すること。
  5. その他、授業活動を妨げるような行為をおこなうこと。

現在、大学ITソリューションセンターでは遠隔授業に関する情報倫理ガイドラインを策定しているところです。遠隔授業の開始にあたり、とりいそぎ、上記の点について、本お知らせにて注意喚起いたします。よろしくお願いします。

大学ITソリューションセンター長 千葉庄寿

※本件に関するご質問・お問い合わせは大学ホームページの問い合わせフォームより「遠隔教育」に関するカテゴリを選んでお送りください。
https://www.reitaku-u.ac.jp/info_contact.html